technology

環境改善技術

世界に誇る日本の環境改善技術を紹介しています。

核融合技術を使ってカーボンネガティブを実現する産業を目指す

pickup都市問題

京都フュージョニアリング株式会社 エネルギーや温室効果ガスの問題を耳にしない日はない時代、持続可能なエネルギーの確保は私たちにとって重要な課題となっています。 核融合炉は、重水素と三重水素という、通常の水素より中性子を多 […]

READ MORE →

木材を顔料として用いたクレヨン「Forest Crayons」

pickupゴミ

現在、国際的に木材の価格が高騰している。日本は森林が多く、木材としては国産が多いと思われがちだが、実はこれまで消費の過半数を輸入に頼ってきた。 日本の森林の多くは戦後に針葉樹が植樹され、木材としての使用には適齢期を迎えて […]

READ MORE →

interview 花によって運ばれる“気持ち”を増やす ~CAVIN ~

pickup都市問題

フラワーロスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 花が生産者から消費者の手に届くまでに、実に30-40%の花が廃棄されている問題が指摘されています。(出典:フラワーライフ振興協議会) CAVINは、フラワーロスの課題 […]

READ MORE →

ジャガイモ名産地の現場主義から育まれた農業機械~株式会社フジシタ~

すべて都市問題

ジャガイモ伝来の地と言われ、全国3位の生産量を誇る長崎県。(農林水産省統計より)ジャガイモ栽培と聞いてイメージするのが、北海道のような大きな畑と大型機械。ですが3 方が海の長崎県は、平坦地が少なく畑の多くは斜面にあります […]

READ MORE →

竹を財産に変える竹紙製品             〜協業組合ユニカラー〜

pickupゴミ

●過去は資源だった竹竹は生活に役立つ資材・資源として、古くから日本人の生活を支えてくれたものの一つだ。縄文時代の遺跡からも竹を素材としていた加工品が出土したという記録もある。竹は生命力に溢れ、1日に120cm程度伸びたと […]

READ MORE →

その場にある材料で作る循環型建築エコビレッジ

pickupゴミ

ビニール袋の中で暮らす日本人 ⽇本人はビニール の中で暮らしている、と言うと「何を言っているんだ 」と思うかもしれない。しかし、実際に日本の家を考えてみてほしい。床には⽊⽬にプリントされたビニール のクッションシート、壁 […]

READ MORE →

廃ガラスのリサイクル品で環境問題を解決〜鳥取再資源化研究所〜

pickupゴミ

日本で埋め立て処分されるガラスは、年間約400万トンとも言われている。 この廃棄物となったゴミを独自の特許技術で再資源化しているのが、鳥取にある株式会社鳥取再資源化研究所である。鳥取県中部の1市4町から廃棄されたガラス瓶 […]

READ MORE →

水素・アンモニアガスタービンの開発の最前線  三菱重工業株式会社

pickup都市問題

エネルギーの進化は、近代社会の発展に大きな貢献をしてきました。その一方で、温室効果ガス排出による気候変動の影響が世界中で確認され、私たち人類は、私たちを豊かにしたエネルギーに対する関わり方の見直しを日々突きつけられていま […]

READ MORE →

廃棄されるモルト粕からクラフトビールペーパーを生み出す

pickupフードロス都市問題

株式会社kitafuku ●地ビールからクラフトビールへ 現在、クラフトビールが各地で盛り上がりを見せている。 1994年の酒税法改正で、ビール製造免許取得に必要な年間製造量が2000キロリットルから 60キロリットルに […]

READ MORE →

コオロギで世界を救う! 持続可能な循環型タンパク質生産とは。 株式会社グリラス

pickupフードロス都市問題

昆虫食をネットや店舗で目にすることが出てきました。まだまだ珍しい商品ですが、この昆虫を使って世界のタンパク質供給不足の解決とフードロス対策を行うテクノロジーとビジネスを展開している企業が、株式会社グリラスです。 コオロギ […]

READ MORE →

フードロス地域課題を事業で解決〜ばんざい東あわじ〜

pickupフードロス都市問題

2021年1月、突然事件は起こった。大阪は東淀川区東淡路のショッピングタウン、エバーレ内にあったスーパーが閉店してしまったのだ。 困ったのは、その上階に住む約1,400世帯のマンションの住人たちだ。 エレベーター1本で降 […]

READ MORE →

バングラデシュ緑豆プロジェクト ビジネスで社会課題を継続的に解決するということ

pickup都市問題

グラミンユーグレナ スーパーでいつも安価に購入できる“もやし”。その原料は、緑豆という豆類で、日本はその全てを輸入に頼っており、しかもその輸入価格は年々高騰していることをご存知だろうか。 この緑豆をバングラデシュでの栽培 […]

READ MORE →

株式会社スプレッド 次世代に「つなぐ」農業開発と植物工場

都市問題

植物工場の野菜というと何処か近未来の存在と感じていたが、すでに全国で手軽に手に入る状況だということをご存知だろうか。株式会社スプレッドは、独自の技術とノウハウで植物工場野菜『ベジタス』を商品化、2013年には黒字化を達成 […]

READ MORE →

気候予測を活用したマラリア流行予測

都市問題

JAMSTEC(国立研究開発法人 海洋研究開発機構) アプリケーションラボ WHOの2020年度のレポートによると、2019年にマラリアは約2億2900万件発生し、40万9000人が亡くなっている。近年、死亡者数は減少傾 […]

READ MORE →

アパレル業界に一石を投じる「土に還るソール」〜GENN〜

ゴミ都市問題

大量生産・大量消費の現代のビジネスモデル 産業革命以降、私たちは大量生産・大量消費で経済を発展させてきた。 そして、それに漏れなく付随することが、大量廃棄である。 ファストファッションなどのアパレルはその最たる例だ。 毎 […]

READ MORE →

植物由来のカネカ生分解性ポリマー Green Planet ™ 〜新素材が創り出す資源の循環〜

ゴミ都市問題

株式会社カネカ 軽量で丈夫なプラスチックは、私たちの生活で毎日触れる身近な素材だ。プラスチック製品が生活に欠かせない昨今、一方では海洋におけるプラスチックごみ問題が深刻化しており、2025年には世界の海洋に2億5000万 […]

READ MORE →

産地と都市を繋ぎ、持続的な農業と流通を支える流通・物流プラットフォーム SEND(センド)

都市問題

プラネット・テーブル株式会社 日本国内の農業従事者の減少、その一方で生産や流通の過程で起こるフードロス 。これらの問題は多くの人が知るところですが、生産、流通、消費、様々な要素が絡む問題であるだけに、課題解決も容易ではあ […]

READ MORE →

自然に還る建築〜アースバッグ工法〜

ゴミ都市問題

現在、アースバッグという工法に注目が高まっている。ホビットが住んでいそうな非常に可愛らしいデザインが目を引くが、それだけではない。 土や粘土を原材料として建築していくため、環境負荷が低く自然に還りやすく、世界中どこでも建 […]

READ MORE →

脱プラスチックで世界初の「紙カミソリ」〜貝印株式会社〜

ゴミ都市問題

世界的にプラスチックのゴミが問題となる中、使い捨てカミソリ国内シェアNo.1の老舗刃物メーカーの貝印株式会社は、世界初となる「紙カミソリ」を開発した。「紙カミソリ」は、ハンドルに紙、ヘッド全体を含む刃体に金属を使用するこ […]

READ MORE →

株式会社MIZUHA 大気から安全な飲料水をつくる空水機

カンボジア都市問題

UNICEFの2017年の報告書によると世界では、21億人が安全な水を入手できない状況である。 株式会社MIZUHAは、大気中の水分から安心・安全な飲料水をつくり出す技術で、水へアクセスできる人を増やす取り組みを進めてい […]

READ MORE →

ヤマハクリーンウォーターシステム

都市問題

〜ヤマハ発動機〜 ヤマハ発動機が取り組む水質浄化 バイクやボートなど、エンジンが絡むことで知らない人はいない、ヤマハ発動機株式会社。そんな同社が、実は「安全な水」も作っていることをご存知だろうか。今回は、水に対する同社の […]

READ MORE →

水生植物「真菰」による水質浄化〜株式会社リバーヴ〜

都市問題

真菰(まこも)はもしかしたら一般的に聴き慣れない名前かもしれない。真菰は、イネ科の多年生水生植物のことである。 出雲大社の本殿のしめ縄に使われているのが真菰というと、誰しもがイメージできるだろう。伊勢神宮のしめ縄は麻で作 […]

READ MORE →

国立大学法人 東北大学 株式会社RTi-cast

都市問題

テクノロジーの組み合わせと震災の経験から生まれたリアルタイム津波予測 津波災害の軽減は、海洋に囲まれている多くの国にとって重要な課題である。震災の教訓・課題を蓄積する日本で、リアルタイム津波予測システムという新しい予測シ […]

READ MORE →

株式会社ジャパンバイオファーム 有機農業を科学して体型化を図る

ザンビア都市問題

有機農業というと、収量が上がらなかったり、作業が大変だったりでなかなか安定しないイメージを持っているのではないだろうか。株式会社ジャパンバイオファームの小祝政明氏は、有機農業をBLOF理論として体型化することで、農業の高 […]

READ MORE →

独自技術のウルトラファインバブル

ゴミ都市問題

貴重な町工場の技術 小惑星探査機「はやぶさ2」の成功の影に町工場があったように、日本の町工場には職人の貴重な技術がまだまだたくさんある。 今回訪問したのも、大阪にある とある町工場だ。 お伺いしたのは、山田電機の山田泰平 […]

READ MORE →

科学技術の力であらゆる 環境問題を克服する 〜株式会社ピリカ〜

ゴミ

ピリカストーリー 会社名にもなっているピリカは、端的に言うと「ゴミ拾いSNSアプリ」が始まりだ。元々は京都大学大学院の研究室で生まれたサービスである。 きっかけは、代表の小嶌不二夫氏が休学して世界一周をしたときに、旅した […]

READ MORE →

特許技術の循環型 食品廃棄物/残渣乾燥処理技術による再資源化

pickupゴミ

Technology エコステージエンジニアリング株式会社 私達が生活して行く上で廃棄物の発生は避けては通れない。人口が増えれば量は増加し、時に周囲の環境を悪化させている。 エコステージエンジニアリング株式会社は、同社特 […]

READ MORE →

自然との共生をテクノロジーでドライブする〜Nature株式会社 〜

都市問題

Technologyデジタル電力革命への挑戦 家庭の電力の需要と供給をコントロールできれば、エネルギーの無駄を減らすことや電気代のカット、発電量の抑制に繋げることができるかもしれない。そんな電力革命に挑戦している企業が、 […]

READ MORE →

【特集】日本植物燃料株式会社 モザンビークでデジタル農協の仕組み作りを進める

モザンビーク都市問題

日本では誰しもが知っている農協に近い仕組みを、デジタル技術を使って、遠くアフリカ 東部に位置するモザンビークで普及を続けている企業がある。日本植物燃料株式会社(以下 同社)は、モザンビークの中でも都心部から離れたエリアで […]

READ MORE →

【特集】準好気性埋め立て構造 日本の廃棄物埋め立て技術が世界に広がるまで

ゴミネパール

高度成長期の日本で生まれた廃棄物埋め立て技術が、半世紀を経て世界で採用が進んでいます。なぜ日本で生まれた環境技術が、世界で普及が進んでいるのか、この技術の開発と普及に一貫して取り組まれてきた、松藤 康司氏(福岡大学 名誉教授)に、これまでの技術普及活動の内容と、技術によって地域にどのような変化があったかを伺った。

READ MORE →

バクチャーの技術

ゴミネパール都市問題

微生物の偉大なチカラに助けてもらい、自然を本来の姿に戻すことができる世界初の新しい技術です。「微生物活性材バクチャー」は、自然界が本来持っている微生物の力を劇的に活性化させる機能を持ち、その効能は水質改善・土壌改善・臭気対策等の広範に及びます。

READ MORE →

マスクの廃棄削減へ 「Bio Face」TBM

ゴミネパール

従来の使い捨てマスクに使われる不織布の原料は、ポリプロピレンなどの石油由来プラスチック。日本国内で家庭用マスクに使用される石油由来プラスチックの量は年間で約1万トンにのぼるとも考えられます。新型コロナウイルスの流行後、感染対策として世界中で使用されているマスクの廃棄が問題視されています。海中を漂い、浜辺に漂着する使用済みのマスクが世界各地で確認され、新たな海洋プラスチックごみとして懸念されています。

READ MORE →

生ごみコンポスト 環境保護・再利用

pickupゴミネパール

身の回りの有機物が堆肥に変わっていくプロセスには、ハッとするような気づきが毎日あります。ふだんは目に見えない微生物、土の変化、野菜の成長や生き物との出会いは、未知のものに触れている感覚にとらわれます。土の中の小さな生命活動は、自分が地球の営みのほんの一部でしかないということを教えてくれるのです。

READ MORE →

雨水貯水地下タンク「ためとっと」大量貯水・浄化

ネパール

貯めた雨水は水質が安定していますので、多くの水を利用する場所や、水道代の削減を行いたい施設、災害時に生活用水を確保したい地域の避難場所などにも最適です。その上、構造が簡単で、短期間で施工できます。さらに埋設型ですので、上部を庭や駐車場などに利用できます。

READ MORE →